藤井風の出身地はどこ?出身中学と高校も気になるところ

 

ドラマ『にじいろカルテ』(テレビ朝日)の主題歌を歌う藤井風(ふじい かぜ)さんが、じわじわと人気を集めています。

藤井風さんは、どんなところで育ってきたのか、気になっていました。

その藤井風さんについて、どこの出身なのかを調べてみました。

スポンサーリンク

藤井風の出身地

藤井風さんの出身地は、岡山県浅口郡里庄町というところです。

里庄町は、岡山県の南西部に位置する町です。

藤井風さんは、里庄町から出た有名人なので、里庄町公式ホームページにも情報が掲載されています。⇒里庄町公式ホームページ

里庄町には、つばきの丘運動公園があり、この公園では、10時と15時に藤井風さんの曲が流れているそうです。

2020年12月24日からは10時は新しい曲に変わり、15時は今までの曲が流れるようです。どの曲がかかっているのか興味があります。

町を挙げて、藤井風さんを応援していて素敵ですね。

藤井風の出身中学校


出典:スタディピア

藤井風さんの出身地、岡山県浅口郡里庄町には、小学校が2校と中学校が1校あります。

おそらく、藤井さんは、この地元ある中学校、岡山県立里庄中学校を卒業されたのではないかと推測されます。

岡山県立里庄中学校は、里庄駅から車で約5、6分ぐらいのところにあり、すぐ側には町役場や町立図書館があります。

とてもグラウンドが広いようで、毎年8月お盆前の土曜日に、ここのグラウンドで夏祭りが行われるそうです。

藤井風さんは、中学校時代、とても面白い人だったのでしょうか。中学校の卒業文集のランキングを見ると、思わず笑ってしまいました。(質問が中学生らしいです)

・絶対、おならからラベンダーの香り漂わせる人→第3位

・「ルパン三世」を実写化したら(峰不二子役)→第2位

・明太子を一粒一粒食べそうな人→第1位

・会いたくて会いたくて震える人→第2位

藤井風の出身高校

藤井風さんは、岡山県立里庄中学校を卒業後、岡山県立岡山城東高校に入学されたようです。

藤井風さんのOFFICIAL SITEにはプロフィールでは確認できませんでしたが、高校卒業後の活動で、チラシの出演者紹介の欄に、高校名が入っているので、確かな情報です。

 

この岡山城東高校は、1987年に創立され、国際化社会・情報化社会を念頭に新しいタイプの学校のようです。

2年生、3年生に学類と呼ばれる4つの学類コア科目(将来に対する目的意識を育てる科目)を選択し、学類が決まります。

藤井風さんは、この高校で音楽学類を選びました。この音楽学類は、音楽の技能を磨く文系のクラスです。

そして、音楽学類にいたことで、更に音楽の才能を磨いていったのでしょう。

また、岡山城東高校は、特に英語教育に力を入れている高校で、藤井風さんが英語が堪能なのも、この高校にいたからかもしれませんね。

 

 

藤井風の大学は

藤井風さんは、高校卒業後、大学に入学したことはないようです。調べても出てきませんでした。

高校卒業後は、地元岡山で音楽活動をされていたようです。

2018年5月30日には、地元の里庄総合文化ホールで、ボランティア団体が主催するイベントに参加されています。

その時の出演者の欄に「ピアノの奇行師」藤井風さんと書いてあるのには驚きました。

 

また、地元の「アミューズメント ライブ カフェ トニカ」でもライブを行っています。

 

岡山城東高校は偏差値も高い高校のようで、卒業生は有名大学に入学される方が多いそうです。

その中で、藤井風さんは、大学ではなく、自分が進みたかった音楽の道へ進まれたのでしょうね。

まとめ

藤井風さんの現在を作ってきた、岡山県。

藤井風さんの作る曲の歌詞には、多くの岡山弁が出てきます。それがまた、音楽にマッチしていてオシャレに聞こえるのが不思議なくらい。

12歳からYouTubeに動画をアップし続け、発信を続けていた藤井風さん。

この動画がきっかけで、多くの人の目に留まり、徐々に人気が出てきました。

そして、今では、多くのアーティスト、プロデューサーからも注目されている藤井風さん。

これからの活躍に期待しています。

 

 

 

 

スポンサーリンク