マカロニえんぴつ・はっとりの髪型が独特なのには大きな訳がある?

現在人気上昇中の『マカロニえんぴつ』

2020年11月4日にメジャーデビューを果たし、様々な音楽番組にも、引っ張りだこ。

その、マカロニえんぴつのヴォーカル・はっとりさん、髪型があまりにも独特なので気になっている方も多いのではないでしょうか。

はっとりさんの髪型のこだわりについて調べてみました。

スポンサーリンク

マカロニえんぴつ・はっとりの髪型が独特なのには大きな訳がある?

マカロニえんぴつのはっとりさんの髪型は、はっとりさんが敬愛している奥田民生さんの髪型に由来しているのです。

二人の髪型、似ていますね。

はっとりさんは、出来るなら奥田民生さんになりたい、と願うほどです。

 

奥田民生さんが、センター分けの髪型をしていたのは、90年代の頃。

はっとりさんが生まれたのは、1993年。

1993年は奥田民生さんがいたユニコーンが解散をした年なのです。

もちろん、生まれて間もないはっとりさんが、リアルタイムで奥田民生さんを見ていたわけではありません。

では、いつ、はっとりさんは奥田民生さんを知ることになったのでしょうか。

奥田民生との出会い

はっとりさんと奥田民生の出会いは、中学1年生の頃

その当時は、スキマスイッチが好きだったはっとりさん。

ある音楽番組で、スキマスイッチが学生時代にやっていたコピバンの曲を紹介していたのです。

その時に流れたミュージックビデオが、ユニコーンでした。

ユニコーンの曲を5曲流していて、5本とも同じバンドが演奏をしているとは思えない曲調であることに、驚いたのです。

その余りのカッコよさに、大ファンに!

ユニコーンの中でも、はっとりさんは奥田民生さんが大好きになっていったのです。

実は、「はっとり」の名前は、本名ではなく、ユニコーンのアルバム『服部』から拝借して名付けています。

大好き過ぎて、中学の頃には自称「はっとり」を名乗り、周りの友人たちにも、自分の事を「はっとり」と呼ぶようにお願いをしたほどです。

どれほど、奥田民生さんを敬愛しているのかわかりますね。

マカロニえんぴつ・はっとりの奥田民生愛は止まらない?

中学時代から、周りの人に「はっとり」と呼ばせていたはっとりさん。

それは、高校、大学でも続いていました。

マカロニえんぴつのバンド結成は、洗足学園音楽大学の在学中なのですが、バンドを組むために声をかけた現メンバーにも、「自分は、はっとり」と名乗っていたのです。

メンバーは、てっきりそれが本名だと思っていたそうです。

今でも、多くの人が「はっとり」を本名だ、と思っている人は多いのではないでしょうか。

マカロニえんぴつ・はっとりの髪型に似ている有名人がいた!

髪型が似ている有名人、そうです、芸人の永野さんです。

どことなく顔を似ている気がするのは、私だけでしょうか。

マカロニえんぴつの結成

マカロニえんぴつ・メンバーのプロフィール

はっとり
・本名 : 河野瑠乃介(こうの りゅうのすけ)
・生年月日 : 1993年6月29日 (2021年4月現在27歳)
・ヴォーカル&ギター担当
・大半の楽曲の作詞作曲を担当

高野賢也(たかの けんや)
・生年月日 : 1993年7月16日(2021年4月現在27歳)
・ベース担当
・通称 「けんけん」「ごしょ」など
・作曲も手掛ける

田辺由明(たなべ よしあき)
・生年月日 : 1989年5月30日(2021年4月現在31歳)
・ギター担当
・通称 「よっちゃん」
・メンバー最年長であり、アニキ的存在

長谷川大喜(はせがわ たいき)
・生年月日 : 1993年11月19日(2021年4月現在27歳)
・キーボード担当
・通称「大ちゃん」
・料理が得意、クックパッドにレシピを載せている

バンド結成は、神奈川県にある洗足学園音楽大学在学中です。

長谷川さんは、電子オルガンコース、他の3人は、ロック&ポップスコース出身。

はっとりさんは、大学に入学直後にすぐにバンドを組みたいと思って、

ギターやドラムを演奏していそうで、強引に勧誘をしても、断らなさそうな人

に片っ端から声をかけていきました。

そこで一緒になったのが、今のメンバー。

勢いに押されたこと、単純に面白そうだから、とりあえずやってみた

と長谷川さんは語っていました。

はっとりさんには、謎に断れないオーラがあったようです。

まとめ

はっとりさんは、奥田民生さんの事を敬愛している余りに、髪型を真似たり、アルバムタイトルから、自分の名前をつけたなど、面白エピソード満載ですね。

今春上映の、映画『クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』の主題歌になっている『はしりがき』を耳にする機会も多くなってきました。

はっとりさんの髪型とともに、今後を期待しています。

 

スポンサーリンク