瀬戸内寂聴の若い頃は破天荒な人生!3度の不倫・子供を捨てた過去あり!

2021年11月9日に、瀬戸内寂聴さんが亡くなっていたことがわかりました。

99歳での他界は大往生でした。

瀬戸内寂聴さんは、若い頃はかなり破天荒な人生を送っていたことが知られています。

3度の不倫、おまけに我が子を捨てて男性の元へ

その不倫はまるで昼ドラのようなドロドロしたものでした。

スポンサーリンク

瀬戸内寂聴が他界

瀬戸内寂聴さんが他界されたという報道は、「ついにその時が来てしまった」という気持ちと、「安らかに眠って下さい」の気持ちがありました。

情熱的な愛と生を綴った小説や、法話などの活動で知られる作家で僧侶の瀬戸内寂聴氏が、2021年11月9日に、心不全のため京都市内の病院で亡くなった。99歳。

瀬戸内寂聴の経歴とプロフィール

まずは、瀬戸内寂聴の簡単な経歴とプロフィールをまとめましょう。

プロフィール

【名前】瀬戸内寂聴(せとうち じゃくちょう)

【生年月日】1922年5月15日

【没年齢】99歳

【出身地】徳島県徳島市

【最終学歴】東京女子大学国語専攻部

瀬戸内寂聴さんは、大学在学中の20歳で酒井氏と見合結婚をしています。

2人の間に女の子が生まれましたが、瀬戸内寂聴さんの不倫の行動によって、我が子を置いてきています。

瀬戸内寂聴さんは、その後離婚。しかし、計3回の不倫を繰り返しています。

その人生が破天荒なこと、また、文才があることで作家デビュー。

人気作家になっていた瀬戸内寂聴さんですが、1973年の51歳の時に、出家をし、法名を「寂聴」としています。

スポンサーリンク

瀬戸内寂聴の若い頃は破天荒な人生!

瀬戸内寂聴さんは、20歳でお見合い結婚をし、女の子の母親になっています。

娘の名前は迪子(みちこ)さんというそうです。

子どもが生まれてすぐに、夫の仕事の関係で北京へ渡り2年ほど住んでおり、1946年には帰国をしていました。

当時は、終戦後。

夫婦と子供の3人で幸せに暮らしていくのかと思ったら、実は夫の教え子と不倫関係に…。

瀬戸内寂聴の若い頃の3度の不倫

 

瀬戸内寂聴さんの不倫は、夫の教え子が最初の不倫でした。

3度の不倫をするほど、瀬戸内寂聴さんに魅力があったのか、又は情熱的な性格なのか、あるいは不倫体質(?)なのかは分かりませんが…。

瀬戸内寂聴の1度目の不倫

瀬戸内寂聴さんの1度目の不倫相手は、夫の教え子

瀬戸内寂聴さんが24歳、相手は21歳という禁断愛!夫は当時33歳

若い人に魅力を感じてしまったんでしょうか。

でも瀬戸内寂聴さんは、不倫の罪の意識に耐えられなくなったようで、不倫がばれて夫に話したのではなく、自分から不倫していることを夫に話した、というから驚き!

当然夫は激怒!当時は徳島に住んでいたんですが、不倫相手と会えないようにするために、一家で東京へ住まいを移しています。

そこで終わらなかったのが瀬戸内寂聴さん。

21歳の不倫相手にあうため夫と子供を残して、家を出てしまいます。

しかし、21歳の男性には、それが重すぎたようでその後破局してしまいました。

スポンサーリンク

瀬戸内寂聴の2度目の不倫

一人ぼっちになった瀬戸内寂聴さん。

今度は自立を目指して東京の出版社に就職をし、小説家を目指そうとしていました

しか~し、今度は年上の小説家と恋仲になってしまうことに。

その小説家は既婚者だったので、いわゆる、不倫ですね。

小説家を目指す瀬戸内寂聴さんと話が合って、惹き付けられてしまったんでしょうか。

瀬戸内寂聴の3度目の不倫

瀬戸内寂聴さん、小説家との不倫の最中に新たな展開が…。

以前わかれた年下の彼、つまり1度目の不倫の相手と12年ぶりに再会してしまったと言うんです。

その時の彼は、見違えるほど生気がなく変わり果てた姿になっていたようで、そこから瀬戸内寂聴が年下彼氏をほっておけなくなっていきます。

小説家の彼との関係は続いていたので、いわゆる、二股?三角関係?っていうやつです。

ドロドロの恋愛ですね。

結局、その関係に耐えられなくなった瀬戸内寂聴さんは、自分から身を引いたと言います。

スポンサーリンク

まとめ

瀬戸内寂聴さん、これだけ激しい感情の持ち主だったんですね。

だからこそ、小説家として様々な作品を書くことが出来たのかもしれません。

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

スポンサーリンク