古川琴音の出身高校はどこ?高校ではどんな部活に入っていた?

個性的な顔立ちで、女優の趣里さんにも似ていると話題の古川琴音さん。

デビューから様々な役を演じてこられ、今大注目の女優さんです。

2020年に放送されたNHK朝ドラ『エール』では、二階堂ふみさんと窪田正孝さんの長女役、そして、『この恋あたためますか?』ではコンビニで働く中国人の役と、様々な役を演じています。

今回は、古川さんの出身高校はどこだったのか、部活は何だったのかを調べてみました。

合わせて、エピソードもご紹介します。

スポンサーリンク

古川琴音のプロフィール

古川琴音さんは、CM・ドラマでもよく目にするようになってきました。

一体どんな方なんでしょうか?

 

古川琴音のプロフィール

名前 : 古川琴音(ふるかわ ことね)

生年月日 : 1996年10月25日(2021年5月現在24歳)

出身地 : 神奈川県

身長 : 161㎝

特技 : ダンス(バレエ、ヒップホップ他)

古川琴音の出身高校はどこ?

古川琴音さんの出身高校は、日本大学藤沢高等学校です。

この高校は、神奈川県藤沢市にある日本大学付属の中高一貫校です。

古川さんは、中学校からこの日本大学藤沢中学校に入学をし、そのまま内部進学をしています。

この高校出身の有名人には、女優の井上真央さん、元プロ野球選手の山本昌さん、元サッカー選手の鈴木健仁さんら、多数の方がいます。

古川琴音の部活は?

古川琴音さんは、中学から演劇部に所属していて、高校へ入ってもそのまま続けていました。

その演劇部では、顧問の先生の演劇好きから、かなり本格的な演劇をやっていたようです。

一例をあげると、野田秀樹さんの『赤鬼』や『パンドラの鐘』など。

しかし、その頃の役は、死ぬ役やダメージを受ける役が多かったようで、たまには、明るい役をしてみたかった、と思っていたようです。

難しい役が多かった経験が、今に繋がっているのかもしれませんね。

古川琴音の出身中学

古川琴音さんは、私立の日本大学付属の中高一貫校であ日本大学藤沢中学校出身です。

偏差値は57~59と言われています。

日本大学藤沢中学校は、高等学校と同じ敷地にあります。

古川琴音の部活は?

古川さんは、小さい頃から、バレエをやっていて人前に立つことが好きでした。

小学校の頃は、運動会で応援団長をした

引用元:WEBザ・テレビジョン

と言うエピソードがあるほど、積極的なタイプです。

中学校の部活を探すとき、バレエの延長線上、そしてステージに立てる、ということで演劇部に入部を考えていました。

しかし・・・、演劇部が無かったのです。

積極的な古川琴音さん。早々に行動を起こします。

友人とともに、高校の演劇部の顧問の先生にお願いをして中学にも演劇部を作ってもらったのです。

すごいパワーです。

古川琴音の出身大学

古川琴音さんは、日本大学の付属の中高一貫校へ行っていましたが、そのまま日本大学へは進学をしませんでした。

その理由は、舞台について専門的に学びたい、という気持ちが強く、それを実現できる立教大学へと進学をしています。

立教大学には、現代心理学部映像身体学科という学部があります。

古川さんは、その学部で、写真・映像・ダンス・演劇など、様々な授業を受けています。

古川琴音の大学時代エピソード

古川琴音さんは、大学に入ってからも、演劇を続けています。

入ったのは、英語劇のサークル、ESSドラマセミナーです。

立教大学のESSドラマセミナーは、四大学英語劇大会に毎年参加をするサークルで、かなりの英語力が必要になるサークルです。

参加する大学は、一橋大学、慶応義塾大学、早稲田大学と英語能力が高い大学ばかりです。

古川さん英語が堪能だったかと思いきや、実は苦手だったそうです。

英語力を身に付けていったのは、先輩たちからの支えがあったから、と話しています。

稽古後も発音を録音したボイスメモを送り合って練習

口腔断面図画像を送られ、舌の位置を教えてもらう

など、つきっきりで面倒を見てもらい、英語力を身に付けていきました。

この努力をコツコツすることは、後のドラマ『この恋あたためますか?』で中国人の役を演じたことへも繋がっています。

中国語の発音が上手く、中国人?とまで噂をされましたが、その時も中国語のセリフをしゃべってもらい録音をし、ひたすら努力をして身に付けています

努力の塊の様な方です。

古川琴音・女優へのきっかけ

 

古川琴音さんが、女優へと進むことを考えたのは、就活のタイミングでした。

仕事としてやりたいというより、習い事を含めて、長く続けられたのが芝居だけだった

就活のタイミングで一度だけチャレンジしてみようと思って事務所に応募をした

引用元:WEBザ・テレビジョン

それが、今の事務所ユマニテです。

この事務所には、憧れの満島ひかりさんがいました。

満島ひかりさんを、古川さんは「日本人の女優で一番好き」と言っています。

その満島さんと一緒にお芝居をするためには、どうしたらいいかを考えた末、今の事務所を選んでいます。

そして、しっかり合格をして、事務所へ入ることになりました。

しかし、残念なことに、古川さんと入れ替わるように、満島さんは退所をされてしまったようです。

古川琴音のデビュー作品

古川さんは、事務所に入り、初めて出演した作品が、2018年公開の映画『春』でした。

この作品が、スクリーンデビューでしたが主演まで務めています

そして、「第2回 渋谷TANPEN映画祭CLIMAX at佐世保2018-19」の主演女優賞を受賞しています。

この受賞で、演技力が高く評価をされて、新人女優として注目を集めていきました。

まとめ

古川琴音さんは、デビューをしてからまだ3年が経っていません。

しかしながら、デビューからの活躍は、映画・ドラマ・CMなど多岐にわたっています。

ひたむきな努力で様々な役をこなす姿が素敵ですね。

今後、大ブレイクすること間違いなしです!

 

スポンサーリンク