松浦航大の出身高校はどこ?ものまねは高校から始めた?

ものまねでブレイクした松浦航大さん。

様々なものまね番組で見かけるようになりました。

歌のうまさもお墨付きで、カラオケバトルで優勝もしています。

そんな松浦航大さんのこと、出身高校、エピソードも合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

松浦航大のプロフィール

 

松浦航大さんのプロフィールです。

名前 : 松浦航大 (まつうら こうだい)

生年月日 : 1993年10月22日 (2021年5月現在27歳)

出身地 : 北海道

身長 : 184㎝

血液型 : AB型

特技 : ものまね 、ヒューマンビートボックス

特技のものまねを生かし、今ではものまね番組にも多数出演しています。

また、ものまねだけでなく歌もかなり上手く、テレビ東京系『THE カラオケ★バトル』では優勝を2回している実力者です。

松浦航大の出身高校はどこ?

それでは、松浦さんの出身高校はどこだったのでしょうか?

松浦さんは、北海道出身で、高校は北海道札幌厚別(あつべつ)高等学校を卒業しています。

北海道札幌厚別高等学校は、1983年に設立された共学の高校。

偏差値は50で、進学と芸術を重視した北海道唯一の総合学科がある高校です。

2年生からは「人文系列」「数理系列」「美術系列」「音楽系列」の中から、自分の好きな科目を選択していきます。

松浦さんは、とにかく歌うことが好きだったので、「音楽系列」を選んだのでは?と推測しています。

この高校の卒業生には、サッカー選手の古田寛幸さん、堀米悠斗さん、曳地裕哉さんがいます。

松浦航大の高校時代の部活は?

松浦さんは、中学校の時から野球部に在籍をしていて、高校に入学後も野球部に入部しました。

しかし、高校では、野球部を1年で辞めています

ちなみに、小学校時代は、野球ではなく、サッカー少年団に入っていたそうです。

松浦航大高校時代はどんな少年だった?

松浦さんは、明るくて楽しいことが大好きな感じがしていますが、ご自身では「陰キャ」と言っています。

高校時代も、元気な友達に囲まれていましたが、暗い性格だったようです。

想像が出来ません!

そんな暗い性格でしたが、歌やものまねが好きな少年でした。

高校受験シーズンの時は、勉強よりもずっと歌っていたくらい歌が好きでした。

松浦航大・ものまねはいつから始めた?

歌が好きで、上手いだけではなく、本格的に歌を練習し始めた時期が高校2年生の時でした。

VBAに挑戦しようと思っていた

と話すように、かなり本気でした。

このVBAというのは、EXILW主催オーディションのことです。

挑戦していたら、もしかして今は別の人生だったのでしょうか。

松浦航大の得意なものまね・苦手なものまね

松浦さんのものまねのレパートリーは、30名と言われています。

その中でも得意なものまねは、平井堅さんで、初めてものまねを挑戦した人も、平井堅さんでした。

逆にどんなにものまねをしようと思ってもできなかった人物が、星野源さんのようです。

聞いてみたいですね~。

また、レパートリーの中でも一番練習をしたものまねは、米津玄師さん

米津玄師さんを真似て似ている人は少ないようですね。

松浦航大が今練習を重ねているものまね

松浦さんのものまねのレパートリーは、男性ばかりではありますが、今ひそかに松任谷由実さんのものまねも練習をしているそうです。

初の女性アーティスト。楽しみに待ちたいと思います。

また、今後挑戦をしたいものまねは、Mrs.GREEN APPLEの大森元貴さん。

ますますレパートリーが増えていき、ものまね番組に引っ張りだこになりそうです。

松浦航大・何故YouTubeを始めた?

松浦さんがYouTubeでものまね動画を始めた動機は、

ものまねを発信している動画が少なかったこと

若い世代にも自分のものまねを見てもらいたいから

という理由からです。

様々なアーティストが一つの曲を交代で歌っている動画もありますが、最近では、ミックスものまねの動画もあります。

そのきっかけは、視聴者から「見飽きた」という声が上がったこと。

そうやって出来たものまねは、ミスチルの桜井和寿さんと平井堅さんをかけあわせた「桜井堅」

まとめ

松浦航大さんは、歌手としてボーカルグループ「aoiro」の活動もしていました。

しかし、残念ことに2021年5月いっぱいで、活動休止になってしまいます。

松浦さん自身は、今後もソロとして歌手、ものまね、YouTuberとしてもますます活躍をしていくことと思います。

歌が上手いこと、ものまねが上手いこと、また、どんな無茶ぶりをしてもそれに対応してくれるサービス精神があること。

これだけ揃っている松浦さん、これからもテレビでその歌声を聴かせてくれると思います。

 

 

スポンサーリンク