河野太郎の嫁・香の学歴は聖心女子大学!帰国子女で英語が堪能!

2021年9月、菅総理が総裁選に出馬をしないことで、4人が立候補をしていますね。

その中の一人、河野太郎大臣が総理大臣有力候補の一人となっています。

河野太郎大臣は、質問に対しても明確に話す方なので、とても分かりやすい人です。

その河野太郎大臣が総理大臣になると、奥様がメディアに顔を出すこともあると思います。

一体どんな人なのか、気になってしまいます。

今回は、河野太郎大臣の嫁・香さんの学歴を中心に経歴などもご紹介していきます。

スポンサーリンク

河野太郎の嫁・香のプロフィール

河野太郎大臣の嫁は香さんと言います。

簡単なプロフィールをまとめてみました。

河野太郎の嫁のプロフィール

【名前】河野香(こうの かおり)

【旧姓】大河原香

【生年月日】1965年2月25日(2021年9月現在56歳)

【出身地】東京都(群馬県説あり)

河野香さん、とても聡明な印象のお顔立ちです。

いったいどんな方なのか、少しずつ紐解いていきましょう。

河野太郎の嫁・香の学歴は聖心女子大学

河野太郎大臣の嫁・香さんは、幼い頃から小学5年生まで、オーストラリアで生活をしていました。

その当時、香さんの父親が、食品関連の専門商社に勤めており、その赴任先がオーストラリアだったんです。

小学5年生で帰国すると、東京都大田区の小学校に入学。

オーストラリアでの生活では、のんびりゆったり過ごしていたようで、日本の小学校に入学をした時は、苦労をされたようです。

その当時の担任は向山洋一氏でした。

 

向山洋一氏は、香さんの母親に、

早くしなさいという言葉は一言も言わないでほしい

それがこの子の個性だから

引用元:TOSS LAND

と伝えています。

そのおかげで、コツコツと勉強を頑張り、中学受験で難関私立の聖心女子学院に合格することが出来ました。

河野太郎の嫁・香の学生時代は?

河野香さんは、聖心女子学院に入学しています。

聖心女子学院は小・中・高一貫教育をしているカトリック系の学校です。

香さんは、この聖心女子学院の中等部の3年生の時に「中学生文学賞」を受賞しています。

この「中学生文学賞」は、中学生の芥川賞と言われるほど権威のある賞です。

その時に書いた作文のタイトルが「向山洋一先生」。

そう、小学校の担任であった向山洋一氏のことを書いたのです。

向山洋一氏は、教諭を退職後、TOSS(教育技術法則化運動)の運営、代表を務めている方です。

向山洋一氏とは

「モンスターペアレンツ」「学級崩壊」という言葉を造語した人物

香さんが帰国してからの担任が向山洋一氏だったことで、とても印象深く心に残っている人物なんでしょうね。

ちなみに、向山洋一氏は、東京都の大田区立大森小学校に勤務していたことと、香さんの出身が東京都大田区であることから、通っていた小学校は「大森小学校」ではないかと思われます。

香さんは、中学に入学をしてからエスカレーター式で、聖心女子大学へ進みました

聖心女子大学の出身の方は、多くのアナウンサー、タレントの方、政治家の方もいます。

実は、上皇后美智子様もそのお一人です。

スポンサーリンク

河野太郎の嫁・香は帰国子女で英語が堪能

河野太郎大臣の嫁・香さんは、聖心女子大学を卒業後、モルガン系銀行に就職をし、社長秘書もしていました

モルガン系銀行は外資系なので、幼い頃にオーストラリアで生活していた英語力も生かすことが出来たのではないでしょうか。

30歳になる手前で、そのキャリアを捨てて河野太郎大臣と結婚をされました。

 

その英語力は、河野太郎大臣が外務大臣だった頃に生かされていたようです。

河野太郎大臣が、外務大臣だった頃、一緒についていき海外の方と交流する姿があります。

2018年8月には、日本の広報拠点施設「ジャパンハウス ロサンゼルス」の全面開館の式典にいています。

着物が良く似合っています。

その他には、2019年2月に安倍昭恵元総理大臣夫人とともに、訪日中の米国議会日本研究グループ訪日団一行の配偶者と懇談を行なっています。

写真中央が香さん

香さんは、海外生活が長かったこと、外資系企業に勤めていたことで、語学が堪能。

このように、女性大使や大使夫人を招いてお茶会を主催するなど、評判も上々のようで、ファーストレディーになっても、素晴らしいお仕事をされるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

河野太郎と嫁・香の馴れ初めは

それでは、河野太郎大臣が香さんと出会ったのはいつだったのでしょうか。

河野太郎大臣と香さんの兄は、慶應の同窓なんです。

その縁で香さんと知り合い、河野太郎大臣が香さんに一目惚れしたのがきっかけ。

河野太郎大臣が香さんにもうアタックをしていた、と報道もありました。

毎朝、香さんが通勤する駅の改札口で待ち伏せをしていた。

ストーカーめいたことまでしたいたそうです。(河野大臣の知人)

引用元:デイリー新潮

香さんは、河野太郎大臣の猛アタックの末、30歳前に結婚されました。

夫婦仲はとても良いようで、香さんのことを「カオチン」と呼んでいるそうです。

新橋で電車に乗ると約一時間で平塚に着く。

だから、晩御飯を家で食べるときは電車に乗るときに電話してねと我が愛妻はいうのだが、時々忘れる。

家に着くと夕食の用意は無い。

で、仕方なく愛妻(かおりと言う)に、猫なで声で「カオチン、カオチン、お茶漬けでいいからお願いしますよ。

引用元:河野太郎公式ブログ

また、香さんも河野太郎大臣のことをしっかり支えています。

ちょうど長男を妊娠中に、太郎さんから父・洋平さんに肝臓を移植することになった。

香さんは英語で海外の医学文献を調べるなど、熱心に勉強していました。

引用元:デイリー新潮

河野太郎大臣も、慶応義塾大学経済学部に入学後、2ヶ月で退学した後、渡米をしジョージタウン大学などで勉強をしているので、英語は堪能です。

しかし、医学文献を読むことが出来るほどの香さんはスゴイです!

お互いを支え合っているのですね。

スポンサーリンク

河野太郎と嫁・香の子どもは?

河野太郎大臣と香さんの間には、息子さんが一人います。

先述にあるように、妊娠中に、河野太郎さんが、父・洋平氏に対しての肝臓移植の話がありました。

その後に、息子さんが誕生しています。

2002年4月16日に、父、河野洋平の生体肝移植のドナーになって、はやくも12年がたちました。

あの年に生まれた一人息子の一平も、小学6年生になりました。

引用元:日本移植学会

ということは、2021年現在は19歳になります。

順調に進学をしていれば、大学生になります。

残念ながら、一平さんの顔画像、学歴などの情報は表に出てきていません。

河野太郎さんは、慶応義塾中等部から、慶應へ通っているので、もしかしたら一平さんも慶応義塾大学かもしれません。

河野太郎さんは、ご自身のTwitterや公式ブログで、一平さんのことを「ペシ坊」と呼んでいます。

一平さんのことを溺愛しているのは、公式ブログの数でもわかります。

まとめ

河野太郎大臣の嫁・香さんは、幼少期にオーストラリアで生活していたことで、英語が堪能です。

小学5年生で帰国後は大田区の小学校転入。

その後、聖心女子学院、聖心女子大学へと進学し、語学を更にみがいていったと思われます。

河野太郎大臣が、総理大臣になった際は、ファーストレディーとして、しっかり支えていかれるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク