喜田純玲の両親は新体操選手だった?妹も新体操をしている?家族の現在を調査!

東京オリンピックの新体操個人代表に出場することが決まった喜田純鈴(きたすみれ)さん。

初めてのオリンピック出場に本人、そしてご家族も喜んでいることでしょう。

喜田純鈴さんは、2018年2月に腰をはく離骨折するなど、ご苦労もあったそうです。

今回は、喜田純鈴さんを支えてきたご両親、そして、妹についてまとめていきます。

スポンサーリンク

喜田純鈴の両親は新体操選手だった?

喜田純鈴さんは、父親、母親、そして妹の4人家族です。

ご両親は、新体操選手、そして妹も新体操をしている、と情報を見つけたので、詳しくご紹介をしていこうと思います。

喜田純鈴の父親はどんな人?

喜田純鈴さんの父親の名前は、喜田和敏(きた かずとし)さんと言います。

2021年1月現在、44歳の方です。

和敏さんは、香川県立坂出工業高等学校の時に、新体操部に所属していました。

その後、東洋大学へ進学。

ずっと新体操を続けて、国体にも出場をし、新体操の選手として活躍したキャリアを持っています

現在は坂出市体操協会で、理事をされているようです。(2017年資料による)

残念ながら、父親の和敏さんの顔画像は見つかりませんでした。

喜田純鈴の母親はどんな人?

喜田純鈴の母親は、名前を志保(しほ)さんと言います。

2021年現在43歳です。

実は志保さんも、小学校から大学まで新体操一筋の方です。

志保さんの出身高校は、熊本県にある熊本親愛女学院高校、そして大学は、東京女子体育大学を卒業しています。

大きな大会に出ていた、という情報はありませんでしたが、現在は指導のお仕事をしています。

純鈴さんが現在も所属している新体操教室「エンジェルRGカガワ日中」で指導者をしているとのことです。

こちらの写真が、「エンジェルRGカガワ日中」のホームページで、講師紹介のページに掲載されていました。

志保さんは、「日本体操協会新体操公認審判員第2種」という資格を持っています。

スポンサーリンク

喜田純玲の妹も新体操をしている?

喜田純鈴さんには、5歳年下の妹がいます。

名前は、未来乃(みらの)さん、15歳です。

現在は、高松中央高等学校に通う1年生です。

上の画像は、聖火ランナーを務めた時の四国新聞に紹介された記事です。

未来乃さんも新体操選手として活躍しています。

現在は、日本体操協会・ジュニア個人強化選手となっています。

所属の新体操教室は、姉・純鈴さんと同じ「エンジェルRGカガワ日中」です。

2019年には全日本新体操ジュニア選手権大会で、個人総合で優勝を果たすほどです。

これからがさらに楽しみですね。

喜田純鈴プロフィール

では、ここで純鈴さんのプロフィールのご紹介です。

プロフィール

【名前】喜田純鈴(きた すみれ)

【生年月日】2001年1月11日(2021年6月現在20歳)

【出身地】熊本県生まれ、香川県坂出市

【出身高校】高松中央高等学校

【在籍大学】国士舘大学 21世紀アジア学部

【身長】160㎝

【性格】内気で人見知り

スポンサーリンク

喜田純鈴が新体操を始めたきっかけ

ご両親ともに新体操の選手をされていたので、2人の影響で始めたのかと思っていました。

両親と同じ新体操の道に進んだのは偶然だったと、母親の志保さんが答えている記事がありました。

志保さんの実家がある熊本から、香川に引っ越したばかりの頃のお話し。

香川の地理がわからず、遠出もできなかった。

たまたま自宅に近い宇多津町内で新体操教室が開かれることを知って、行かせてみようと思ったのがきっかけ。

引用元:四国新聞社

その教室が、今も在籍する「エンジェルRGカガワ日中」です。

そこの指導者が、元中国代表の劉宇(リュウ・ウ)コーチ。

劉宇コーチの指導の下、現在のようにオリンピック出場をするまでになりました。

まとめ

喜田純鈴さんの一家は、全員が新体操をしています。

恵まれた環境の中、劉宇コーチは純鈴さんに可能性を感じて、純鈴さんの才能を引き出していったそうです。

内気で恥ずかしがりやな純鈴さんも、レオタードを身に付けると自信に満ち溢れた表情になります。

今までの努力が実を結んでいくことを期待しています。

 

 

スポンサーリンク