小倉ゆうか(優香)の現在の仕事はあるのか?今後も仕事をしていくことは出来るのか?

2020年8月に、突如ラジオ降板宣言をした小倉ゆうかさん。

突拍子も無い行動に、世間がざわつきましたね。

その小倉さん、小倉優香から改名をし、小倉ゆうかとして再出発をしました。

お騒がせをしてからのお仕事状況は、どのようになっていたのでしょうか。

また、「干された」などと言われていますが、現在の仕事、今後とどうなっていくのでしょうか?

スポンサーリンク

小倉ゆうか(優香)の現在の仕事はあるのか?

女優でモデルの小倉ゆうかさん。

2020年8月に、ラジオ番組放送中に、「ラジオを辞める」と宣言して降板をしていました。

芸能界を追放されてもおかしくない状況でしたが、小倉さんは細々と仕事を続けていたようです。

小倉ゆうか・ラジオ降板の経緯

小倉ゆうかさんが、ラジオを降板した時の状況はこのようでした。

2020年7月29日、レギュラー出演をしていたMBSラジオ『アッパレやってまーす!水曜日』のエンディングで、突然、降板を宣言しました。

その時のレギュラー陣は、ケンドーコバヤシさん、アンガールズのお二人、柏木由紀さん。

ケンドーコバヤシさんから、番組の終盤で、「お知らせはいかがですか」と聞かれた時に、小倉さんは

あります!

朝早く起きて、夜遅く寝るという生活をしていて、ラジオが辛くなった。

事務所に辞めたいと言ったけど、3~4ヶ月話をしてくれない。

ここで言います。辞めさせてください。

と突然の辞める宣言をしたのです。

翌週、8月5日の放送では、ケンドーコバヤシさんが、その当時の事を

ひくついていました。

と表現をされています。

実は、小倉さんは、家族も認めるほどのわがままな方のようです。

わがままエピソードとして、今回のラジオ降板宣言もあますが、過去には、この様なことがありました。

・スタッフに相談もせず、髪を染める

・グラビア撮影の衣装合わせでマツエクを注意されたが、そのまま撮影に臨み、スタッフに取られる

など、仕事関係者の方に、無断で勝手に行動をしていたのです。

わがままとも言えますが、別の言葉で言えば、マイペース?何でしょうか。

小倉ゆうか・事務所との契約終了

この騒動が起きて、事務所としては、即契約終了かと思われましたが、実際のところは、しばらくたった3月末での退所となりました。

正式に事務所を退所したことを、小倉ゆうかさんはご自身のTwitterで法ことをしました。

何故、騒動から8ヶ月もたっての退所だったのでしょうか。

事務所の発表によると、騒動後も、広告などの契約が残っている状態だったため、その期間満了を待っていたとのことでした。

その広告としての一つが、スポーツブランドのイメージモデル。

スポーツブランドとの契約終了は、5月末頃、と言われていましたが、前倒しての契約終了となり、そのタイミングで事務所とも契約解除となったようです。

一部では、事務所との契約終了をし、引退では?とささやかれていましたが、仕事を再開されました。

小倉ゆうか改名

小倉ゆうかさんは、もともと「小倉優香」としてお仕事をされてきました。

今回、事務所を退所したことを機に、「優香」から平仮名の「ゆうか」へと改名をされています。

改名をした理由を、ご本人は

小倉優子さんと間違えられることが多く、ずっと変えたくて変えました。

字面が柔らかくなったので、私も柔らかくなった気がします。

と説明をされていました。

まあ、確かに一文字違いで、間違えられやすかったのでしょう。

小倉ゆうか(優香)は今後も仕事をしていくことは出来るのか?

現在の小倉ゆうかさんは、個人事務所を設立をされて、社長になっています。

今後の仕事については、

基本的に今までできなかったことをしたい

と宣言をされました。

小倉さんは、今まで中国でも仕事をされた経験があり、

今後も中国でのお仕事や、その他にもいろいろ頑張りたい

という気持ちを語っています。

小倉ゆうか・中国での活躍を望む

小倉ゆうかさんは、実は3~4年前から中国語を勉強されていました。

そして、小倉さんは、この得意な中国語を使って仕事をしていきたいと思っていました。

その一つの行動として、事務所を退所後、公式ホームページを立ち上げ、その中で中国版の動画サイトの公開を開始したことを発表しています。

中国版の動画として、TickTokの中国版『Douyin』、そしてYouTubeのような『bilibili』を始めています。

まとめ

お騒がせ女優・モデルの小倉ゆうかさん。

勝手な行動をしたことを、反省しているようです。

自分の事を「強い意志を持っていることは、自分の大好きなところ」としながらも、伝え方の未熟さを認めています。

今後、信頼を取り戻して、仕事を出来るようになるかが最大の問題ではないでしょうか。

見守りたいと思います。

スポンサーリンク