生方幸夫(衆議院議員)の学歴は?出身大学高校の偏差値まとめ!

立憲民主党の生方幸夫衆議院議員が、「拉致被害者は生きていない」という発言をしたことで、問題になっています。

議員年数が長い生方幸夫衆議院議員は、いったいどんな方なんでしょうか?

今回は、学歴を中心に、過去の不祥事までをまとめてみます。

スポンサーリンク

生方幸夫(衆議院議員)のプロフィール

それでは、まずは生方幸夫衆議院議員のプロフィールをまとめてご紹介です。

プロフィール

【名前】生方幸夫(うぶかた ゆきお)

【生年月日】1974年10月31日

【年齢】73歳(2021年10月現在)

【出身地】東京都

生方幸夫衆議院議員は、大学を卒業後、いろいろな仕事をしています。

・読売新聞社記者

・フリージャーナリスト

・経済評論家

・テレビ・ラジオのキャスター

・信州大学経済学部講師

・産業能率大学・短大講師

その後、1996年に、千葉6区から衆議院選挙に初出馬をし、初当選をしています。

スポンサーリンク

生方幸夫(衆議院議員)の学歴は?

それでは、生方幸夫衆議院議員はどこの大学を出ているのでしょうか。

偏差値と共にまとめてみます。

生方幸夫(衆議院議員)の出身大学と偏差値は?

生方幸夫衆議院議員の出身大学は、早稲田大学第一文学部を卒業されています。

この第一文学部という名称は、2006年度の入試を最後に募集が停止していてい、今は「文学部」と名称が変わっています。

現在の早稲田大学文学部の偏差値は、67.5~70.0と言われていますので、かなりの難関校です。

生方幸夫(衆議院議員)の出身高校と偏差値は?

生方幸夫衆議院議員の出身高校は、東京都立志村高等学校という名称の高校です。

当時の高校所在地は、東京都板橋区西台にあったのですが、2007年に東京都立北野高等学校と統合し、廃止されてしまいました。

統合されたことで名称が「東京都立板橋有徳高等学校」となっています。

現在、志村高等学校としての偏差値を調べると38と出ています。

ちなみに東京都立板橋有徳高等学校の偏差値は48とされています。

スポンサーリンク

生方幸夫(衆議院議員)の経歴は?

生方幸夫衆議院議員が、政治家を目指すきっかけになったのは、1996に新党さきがけが実施した候補者公募に応募したこと。

その後、さきがけを離党した議員を中心に結成された旧民主党に参加をし、第41回衆議院議員総選挙で千葉6区から初出馬・初当選しています。

2000年、2003年と順調に当選をしていた生方幸夫衆議院議員ですが、2005年に渡辺博道氏に敗れて落選。

2009年の衆議院議員総選挙で復活を果たし、そこからは連続当選をして現在に至っています。

主な役職

【現在】環境委員会筆頭理事・憲法審査会・立憲民主党千葉県連代表

【内閣・衆議院】環境副大臣・環境委員長・消費者問題特別委員長など

スポンサーリンク

生方幸夫(衆議院議員)の不祥事まとめ

今回「拉致被害者」に対しての発言が問題になっていますが、実は過去にいろいろありました。

2004年

・政治家の年金未納問題が表面化した際、5年5ヵ月間国民年金保険料の未納は発覚

2010年10月19日

・第45回衆議院議員総選挙後提出の「選挙運動費用収支報告書」に記載されていた事務員への報酬の一部が未払い、虚偽記載と指摘される。

2011年5月5日

・公務でフィリピンを訪問中、公務中にゴルフを行なったと批判を受ける。

・5月9日に衆議院消費者問題に関する特別委員長の職を引責辞任。

2021年10月

・北朝鮮による拉致被害者について「拉致被害者はもう生きている人はいない」「政治家は皆そう思っている」と発言。問題視されている。

生方幸夫衆議院議員・拉致被害者への発言でのネットの声は?

生方幸夫衆議院議員が、拉致被害者について発言したことで、蓮舫議員を始め、ネットはざわついています。

・『自民党の議員も思っている』と確認もしないことを平然と言う。

・客観的根拠もなく、北の主張していることを代弁しているだけに過ぎない。

引用元:Yahooニュース

 

まとめ

生方幸夫衆議院議員は、早稲田大学を卒業。

いろいろな仕事をしていた経験をもとに、発言に対してはもっと責任感を持つ方がいいと思います。

スポンサーリンク