吉田美月喜の高校はどこ?偏差値や部活動も一緒に調査!

 

高校を卒業したばかりの吉田美月喜さんが、平手友梨奈さんのバディ役として『ドラゴン桜』に出演することがわかりました。

2017年秋にスカウトされて、芸能界に入り、様々な場で活躍を続けています。

ここでは、女優として活躍し続けている、吉田美月喜さんの出身高校・偏差値・部活動を調査していきます!

スポンサーリンク

吉田美月喜の高校はどこ?

吉田美月喜さんは、2021年3月に高校を卒業されました。

私事ですが、先日高校を卒業しました。3/10日に18歳になりました。

なんだか少しだけ大人に近づいた気分です。

とInstagramに投稿をしています。

おめでとうございます!

吉田美月喜の高校はどこ?

では、吉田美月喜さんの高校はどこなのでしょうか?

吉田美月喜さんの高校を調べていると、「青学」の文字を多く目にします。

とすると、青山学院高等部ということなのでしょうか?

ただ、決定的な情報が出てこないので、断言はできません

高校名が出ることで、ファンの方が高校に集まり、高校に迷惑がかかるので、公表をしないのでしょうね。

もしも、青山学院高等部だとすれば、

自由な校風の中で、自主性と責任感を養い、愛と奉仕の精神をもって社会に貢献する人間を育てます

という校風なので、芸能活動をしやすかったのかもしれません。

芸能活動をしている高校生は、堀越高等学校に通っている方が多く感じますが、それぞれですね。

高校を卒業し、大学に進学をしているのかは、現段階では分かりません。

これから芸能界で頑張っていくのであれば、進学をしていない可能性もあります。

吉田美月喜の出身高校の偏差値は?

吉田さんが、推測通りに青山学院高等部の出身だとすると、大変優秀な成績が無いと、この高校に入ることは難しそうです。

この青山学院高等部は、偏差値72と言われていて、東京都内私立校407校中第9位というレベルの高さです。みんなの高校情報参照)

中学3年生の時にスカウトをされていますので、受験を控えながら芸能活動をするのは、かなり大変なことだと思います。

ただ、この青山学院高等部は、私立の中高一貫校です。

青山学院中等部の偏差値は、偏差値64というデータがあります。シリタス参照)

もしかしたら、吉田さんは、中学受験をして、中等部から入ったのかもしれません。

いずれにしても、子どもの頃から読書が好きな吉田さん、成績もいいのでしょう。

吉田美月喜の部活動は何だったのか?

 

吉田さんは、スポーツ大好きな少女です。

吉田さんのプロフィールにあるように、バレエ(8年)、テニス(6年)・バスケットボール(3年)などをされています。

バレエは部活ではないので、バレエスクールに通っていたと思われます。

テニスは、小学4年生から中学3年生までやっていて、高校1年生の時に、お仕事のため、日焼けをしてはいけない、と思い、一度辞めています。

そうすると、テニスに関しては、部活ではなく、外部のスクールに通っていたのでしょうか?

バスケットボールが3年ということをみると、中学の時に部活として活動していたと考えてもおかしくはないでしょう。

それに、バスケットボールは室内競技なので、日に焼ける心配もありません。

テニスは、日焼けを考えて辞めていたのですが、元来テニスが一番好き!と公言しており、どうしてもテニスをやりたくなって、高校2年生から部活として再開をしています。

その部活は結構自由な部活だったようで、行けるときに行き、がむしゃらにテニスをして、汗をかいて帰る、みたいに楽しくやっていました。

このテニスが、いい意味で、ストレス発散になっていたのでしょう。

また、スポーツ少女だけあって、髪はベリーショートで男の子に間違われるくらいだったようです。

吉田美月喜のプロフィール

吉田美月喜プロフィール

名前 : 吉田美月喜 (よしだ みづき)

生年月日 : 2003年3月10日 (2021年4月現在 18歳)

出身地 : 東京都

身長 : 160㎝

体重 : 非公開

血液型 : O型

所属事務所 : スターダストプロモーション

趣味 : 読書・旅行・バレエ(8年間)

特技 : テニス(6年間)・水泳・バスケットボール(3年間)

体重は非公開のようですが、身長160㎝で、Instagramなどの写真を見るとスラっとしています。

広瀬アリスさんが、身長165㎝で体重が51㎏なので、吉田さんは40㎏台後半の体重でしょうか。

 

吉田美月喜さんは、2017年中学3年生の時に東京の表参道駅の改札でスカウトをされて、今の事務所、スターダストプロモーションに所属をしています。

吉田さんは、母親がとても厳しかったようで、家では、テレビやゲームを禁止されていました。

テレビは中学2年生まで禁止だったとは、驚きです。

ただ、中学1年生の時にガラケーの携帯を持たせてもらえて、そのガラケーについていたワンセグ機能で、こっそりテレビを見ていた、というから可愛いです。

テレビやゲームが禁止となっていることで、本を読むことが好きになりました。

また、クラシックバレエを習っていたことで、多くの表現方法を身に付けていきます。

女優をしていく上で、現場で何かを感じる、豊かな感受性を身に付けることができたのも、読書の多さや、バレエでの表現の仕方を知ったからなのでしょう。

吉田さんは、「親に感謝しています」と語っています。

まとめ

吉田美月喜さんは、2021年4月25日から始まる『ドラゴン桜』に、平手友梨奈さんのバディとして、出演が決まりました。

目力の強い芯の通った印象の吉田さん。

これからの活躍に期待してドラマを見たいと思います。

スポンサーリンク