YouTube「著作権の申し立て」が来た時の対処の仕方は?

自分でピアノなどを演奏し、YouTubeに動画をアップすると「著作権の申し立て」が付いていて驚いたことがあります。

「えっ?どうしたらいいの?」

YouTubeに詳しくないと、焦っちゃいます。

YouTubeに動画をアップした時「著作権の申し立て」が来たらどう対処をしていったらよいのか、まとめてみました。

スポンサーリンク

YouTubeの「著作権の申し立て」とは?

YouTube初心者が、動画をアップロードした時に「著作権の申し立て」なんて表示が出たら、慌ててしまうことがあります。

かくいう私もその一人。

ピアノの発表会動画を限定公開でアップロードすると、何件かの「著作権の申し立て」が…。

これって、何か対処をしなくてはならないのか、不安でした。

そもそも「著作権の申し立て」とは、どんな時についてしまうのでしょうか?

YouTubeの「著作権の申し立て」とは?

YouTubeヘルプを見ると

申し立てとは

YouTubeの著作権管理システムにおいて、申し立てとは動画に対して著作権の所有者が主張すること

引用元:YouTubeヘルプ

つまり、YouTube自体が「著作権の申し立て」を行なっているのではなく、あくまでも、Content IDの自動検出が反応しているだけなんです。

これは、限定公開や非公開に設定していても起こること。

「著作権の申し立て」で削除をされる?

動画をアップロードして「著作権の申し立て」がついたとしても、動画が削除されることは無いようです。

現に、5年ほど前に自分でアップロードした動画に「著作権の申し立て」が付いていましたが、今でも無事に見ることが出来ます。

スポンサーリンク

「著作権の申し立て」が来たらどう対処すればいい?

実際に「著作権の申し立て」が来たら、動画の削除はないようですが、どう対処をしていったらいいのでしょうか?

①何もしない

先ほども言いましたが、私自身の動画も何もしていなくても見ることは可能です。

削除もされていません。

ということは、とりあえずこのままで問題はないと思うので、何もしない、という選択肢を取ることが出来ます。

問題の部分のみ対処をする3つの方法

1つの動画の中で、複数の「申し立て」があった場合は、3つの対処の仕方があります。

  1. セグメントをカットする
  2. 曲を置き換える
  3. 曲をミュートする

詳しく説明をしていきましょう。

セグメントをカットする

動画内の「著作権の申し立て」の部分のみを完全に削除する方法

① 【操作を選択】⇒【セグメントをカット】をクリック
② 削除するセクションの開始時間と終了時間を編集
③ 【続行】⇒【カット】をクリック

完全にカットすることが大切です

 

 

曲を置き換える

音声に対する申し立ての場合に、他の曲に置き換える方法

① 【操作を選択】⇒【他の曲に換える】をクリック
② 検索フィルターを使用して、新しい音声トラックを探す
③ 好みの曲を見つけたら【追加】をクリック
④ 【保存】⇒【置き換える】をクリック

 

 

 

曲をミュートする

申し立ての部分の曲をミュートする方法

① 【操作を選択】⇒【曲をミュートする】をクリック
② ミュートする方法を選択
・ 申し立ての部分全ての音声をミュートする
・ 申し立ての部分の曲のみミュートする
<注意>
会話・効果音はミュートしないが編集処理に時間がかかる
曲の削除がこんな場合もある
③ 音声のミュートの開始・終了時間を編集する
④ 動画プレーヤーで編集をプレビューし確認する
⑤ 問題が無ければ【続行】⇒【ミュート】をクリック

 

引用元:YouTubeヘルプ

異議申し立てをする

本当に自分の動画に著作権の申し立てを受ける理由がない場合、(例えば自作曲が申し立てを受けたなど)の時は、異議申し立てをすることが出来ます。

ただ、かなりの準備が必要なので、時間がかかります。

  1. 異議申し立て通知の準備
  2. 著作権で保護されたコンテンツを評価
  3. 異議申し立て通知を送信する

この詳しい手順については、YouTubeヘルプを参考にされると良いと思います。

詳細はコチラ⇒

スポンサーリンク

まとめ

YouTube初心者にとっては、著作権の申し立てにドキッとすると思います。

私のように、ピアノの演奏動画をアップロードしたりする方にとっては、先ずは何も動かない、という選択肢もあると思います。

どなたかの参考になれば幸いです。